相続や会社設立時の悩み相談~プロの士業スピード解決ナビ~

オフィス

頼れる相手

弁護士

港区にある事務所では、税理士が懸命に業務をこなしています。その内容も多岐に渡り、会社設立を始め、相続税や社会保険など専門性のあるものです。知識の必要な部分になるため、こうした専門家が必要になってくるでしょう。

Read More...

税理士に相談してみましょう

法

亡くなった人の遺産を相続する際に気をつけなくてはならないのが、相続税の問題です。相続税の支払いのことを考慮して遺産分割方法を決めるようにしないと後に慌てる事になります。そのような事になる前に税理士を頼って解決しましょう。

Read More...

融資に関する相談

裁判所

マネーに強いとされる新宿の税理士は、金融関連のサポートもしっかり行なってくれるので、経営責任者も安心して業務に没頭できます。相談は無料なので今後のためにも相談をしておきましょう。

Read More...

相続問題を解決する

解決力に優れているということで知られています。交通事故を弁護士に相談してみよう。初回無料で相談に乗ってくれます。

浮気が原因で離婚を検討しているなら必見!離婚で慰謝料を請求しましょう。必要な手続きを支えてくれるのがコチラです。

相続放棄にはいくらかかるのか

オフィス

家族や親戚が亡くなった時に、発生する相続の権利ですが、場合によっては相続放棄を決断することも考えられるのです。しかしその手続きは法律に疎い人が、スムーズに行えるかというと疑問です。やはり弁護士など専門家の手を借りることが最善です。では、その場合にいくら報酬が必要なのでしょうか。相続放棄で必要な平均的な報酬はおよそ5万円です。それに裁判所に切手代や戸籍謄本の料金などが3000円程かかるのです。ただし、条件によってはさらに追加費用が必要となることもあるのです。それは、相続の権利を、故人が亡くなってから3か月以内するという規定に関わるときです。万が一3か月を過ぎてからの相続放棄をする時には、相続放棄の手続きが遅れた正当な理由を裁判所に申述する必要があるのです。手続きが複雑になる分、報酬は3か月以内の相続放棄の金額に2万円から3万円ほど加算されることが多いです。

相続をしないことはどういう意味を持つのか

故人が亡くなった時に、相続をする権利があるということは、普通であれば大きなメリットです。しかし、故人には財産ではなく借金がある場合や相続をしたら家業を継いだ兄弟の生活が立ち行かなくなる場合は、相続することには逆にデメリットがあるのです。では、相続放棄はどのように行うのかというと、相続の権利を持つ法定相続人が家庭裁判所に手続きを行うことで出来るのです。その手続きは「相続放棄申述書」という書類を提出することで、裁判所に受理されるのです。注意点としては書類の提出は法定相続人であることを知った日から3か月と規定されているのです。つまり、財産を残した被相続人が死亡した日から3か月以上が経過していても、法廷相続人が亡くなったという知らせを受けらなかったら期限内と認められるのです。

相続は、トラブルに発展すると弁護士に相談する必要があるのですが、申告などは税理士に相談すると良いです。弁護士と税理士では対応している分野が違ってくるため、相談する内容に合わせて士業を選択すると良いでしょう。また、会社設立をする際も弁護士や税理士に相談することが可能となっています。弁護士は、刑事事件や交通事故などのトラブルも請け負っているので気軽に相談すると良いでしょう。

司法書士なら埼玉の法務事務所に相談してみませんか?相談だけなら費用がかからないため、気軽に問い合わせてみましょう。

大阪の交通事故は弁護士に依頼することで、諸問題を解決してもらうことができます。完全報酬型になるので安心です。

選ぶためのポイント

女性

自分の家族や友人が逮捕された場合、法律の事等を理解していないとどのように行動すれば良いのか迷ってしまうものです。しかし刑事事件に強い弁護士へ相談をすればヒントが得られるため頼れるのは間違いありません。

Read More...

理解を深められる

相談

デリケートな問題になる相続も、専門知識をもつ相手に相談をすることで円満解決が可能になります。まずは相談出来る場所を探し、相続問題を早期解決していきましょう。依頼してよかったと思うはずです。

Read More...

顧問契約の必要性

木槌

新しい商売として、飲食店の始める人が後を絶ちませんが、多くの経営者が税理士と顧問契約をしていない状態です。この場合でも茨木で経営も問題なく行えますが、収益をより増やすなら顧問契約が必要でしょう。

Read More...

再建不能になった時

法律書

事業を起こし、経営も問題なく行えていても何かの拍子で経営が傾くことも考えられます。ほとんどは会社破産を起こさないための手続きをしますが、この場合弁護士に依頼をすることで解決させられます。

Read More...

不当解雇と向き合う

女性

様々な理由で会社をクビになってしまった場合、不当だと感じれば弁護士と共に闘うことができます。あちらも不当解雇に関する知識をたくさん持っていますから、相談をすれば必ず力になってくれるでしょう。

Read More...

借金整理の方法を伝授

裁判所

手軽に融資が受けられるキャッシングができてから、フリーターやアルバイトも気軽に融資が受けられるようになりました。ただ、膨れ上がる借金問題に頭を悩まさせる人も大勢いますから、一度債務整理をした方が良いかもしれません。

Read More...